Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

codecheckの「エンジニア採用コラム」一覧

1~6件(全6件)
  • 2017/10/31

    サマーインターンからのつなぎとめ施策を考える前に、ちゃんと戦略を考えよう

     ようやく我が社に来てくれたインターン生。好感触と安心していたら、競合他社に就職を決めてしまったという……。ようやく聞き出した話では、何でもその会社はインターンシップの後もまめに連絡をくれたり、折に触れ社内の人たちと交流させてくれたりしたとのこと。ああ、有望な学生だったのに――と後で泣いても学生は戻ってきません。今回は、夏のインターンシップが終わった後、「どの施策をどのタイミングで打つべきか」を紹介してくれます。(ラボ)

  • 2017/09/05

    新卒ポテンシャル採用に逃げる草食系企業

     企業間におけるIT人材の新卒採用は、いまや熾烈を極めています。それを背景に、「ぜいたくは言わない、とにかく確保したい」と現在の知識やスキルを問わず、それらは入社後に伸ばすことを前提に採用を進める「ポテンシャル採用」が増えているようです。しかし、それは結果的に会社に利益をもたらす採用なのでしょうか。今回はその考え方に一石を投じるとともに、会社に貢献してくれるIT人材を獲得するためのヒントを与えてくれます。(ラボ)

  • 2017/08/10

    今さら聞けない“GitHub採用”におけるエンジニア採用の効果と注意点

     こんにちは。codecheckチームの新田です。エンジニア採用において、「いかに優秀なエンジニアと出会えるか」「エンジニアのスキルをどう見抜くか」といった部分で頭を悩ませている人事の方も多いのではないでしょうか。いくつかのITベンチャー企業で、エンジニアのより効率的な採用手段の1つとして、最近では「GitHub採用」という言葉を耳にする機会も増えてきました。そこで今回はGitHub採用とは何か、またそもそもGitやGitHubとはについてを整理し、GitHub採用導入のメリットデメリットをご紹...

  • 2017/07/25

    入社後に飛躍的成長を遂げる未経験エンジニアとそうでないエンジニアの違いとは

     「能力が高いと思って採用したエンジニアが成長していかない」と悩む採用担当者、育成担当者は少なくないようです。エントリーシートや数回の面接、試験、過去に記述したソースコードなど、限られた情報の中で判断しているわけですから、こうした思惑から外れた結果にはしかたない部分もあるでしょう。一方で、そうならないための努力、工夫がもちろん不可欠です。そこで本稿では、入社後にに伸びる人材か、停滞する人材かを見極めるポイントを紹介します。

  • 2017/07/07

    「アウトプット」「セルフコントロール」「スキル」の3軸で考える ギブリーのエンジニア評価制度

     ギブリーは、「エンジニアが活躍できる世界をつくる」ことを事業とする企業です。エンジニアが適切な教育機会を得ること、適切に評価されること、キャリアアップにつながるチャンスが得られることを目標にサービスを展開しています。そのため、ギブリー自身が「エンジニアにとって最高の職場でなければならない」という信念を持っています。また、約半数が外国籍というエンジニアメンバーでチームを機能させるための工夫も必要でした。このような前提の下、ギブリーのエンジニアにとってベストな評価制度は何か。本稿では、試行錯誤して...

  • 2017/06/26

    「入社後3カ月で退職しちゃった・・・」をなくすための3つのやるべき人事施策とは

     こんにちは。ギブリー事業推進室の大熊です。最近人事界隈の方々とお話しさせていただく中で、中途採用において「人当たりはいい!実績もありそう!ただ、本当にフィットするかが不安」という「最終の決め手をどこにするか」トークが結構出てきます。そこで今回は、自社採用にも取り入れている「戦略人事を考える前のプラットフォーム」づくりについてまとめます。

1~6件(全6件)
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0