Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

稼げるIT資格はどれ?―米グローバルナレッジが2018年版のトップ15を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/04/02 02:45

 IT研修大手の米Global Knowledge Training LLC.(以下、米グローバルナレッジ)は3月30日、ITスキルと給与調査データに基づいて算出した「15 Top-Paying Certifications for 2018(稼げる認定資格 Top15 2018年版)」を発表した。今年はセキュリティ分野の資格が6つもランクイン。クラウド/仮想化も3つと多いが、ビジネス分野の資格も同じく3つランクインした。認定スクラムマスター、認定ホワイトハッカーといった新顔が5つと入れ替えも激しく、昨年ランク外の資格がいきなり1位になった。

同調査 2019年版発表のニュースがこちらにあります。

 米グローバルナレッジは、エンジニアの給与と保有するIT関連資格について2011年より毎年調査を行い、その結果を発表している。同社によれば、2018年版のランキングからは次のような事実が見て取れるという。

  • 12位までの年収は10万ドル(およそ1060万円)を超える
  • 7位までの資格は、昨年も10位までにランクインしていた
  • セキュリティ分野の資格は、昨年の4資格から6資格へ増加
  • ISACAの資格は、昨年の3資格から4資格へ増加(資格ベンダーとして最多)
  • ビジネス分野の資格は、昨年の2資格から3資格へ増加
  • クラウド/仮想化分野の資格は、昨年の4資格から3資格に減少
  • Windows系の資格は、昨年の3資格から1資格に減少

 昨年もランクイン数の多かったセキュリティ分野だが、今年はさらにその数を伸ばした。日本国内でも人材獲得が激化しているセキュリティ人材だが、世界でも需要は高いようだ。一方で、クラウド/仮想化に関連する資格は一歩後退。しかし、AWSに関する資格は2位にソリューションアーキテクト(昨年3位)、4位にデベロッパー(昨年はランク外)とむしろ上昇した。また、トップ6の年収額が11万ドル以上であるのは昨年と同様だが、金額は下がった(昨年のトップ6は平均12万3515ドル、今年は平均11万5633ドル)。

 発表されたTOP 15の資格は次のとおり。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/03/27 09:12 /article/detail/1006
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0