Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

企業の「適材適所」の実態を調査、3人に1人は上司とは合っていないと回答―リクルートマネジメントソリューションズ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/04/16 08:15

 リクルートマネジメントソリューションズ(以下、RMS)は、2017年12月に実施した企業内の「適材適所」に関するインターネット調査の結果を、同社のWebサイトで公開した。同調査では管理職、一般社員の2つのポジションから回答を募集。結果からは、とりわけ一般社員において人間関係に偏重し、仕事の意義や自分の成長に価値を置かない実像が明らかになった。

 RMSによれば本調査は、従業員自身が認識する組織や仕事に対する適合度やそれらを促進・阻害する要因に加え、上司による部下への支援行動について明らかにし、従業員にとっての適材適所とは何かを考えるヒントを得ることを目的に実施。適材適所を実現するための配置・異動施策に関する企業調査は散見されるが、本調査では従業員の声をもとに、職場における適材適所の実態を明らかにすることを試みたという。

 回答は従業員300名以上の企業に務める管理職、一般社員より募っている。組織や仕事への適合度やこれまでの異動経験を聞くことから、社会人経験3年目以降の20代半ばから40代の正社員を対象とした。分析に際しては、適合度や要因の認識は一律ではなく、属性や志向によって傾向が異なることも考慮し、グループ別集計も行われた。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0