IT人材ラボ

注目の特集・連載

viエディタとテキスト表示・検索・置換のコマンド

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、LPICレベル1学習のポイントを、全10回で解説していきます。第6回となる本記事のテーマは「テキストファイルの編集」です。Linuxには標準で「vi」というテキストエディタが入っています。Linuxは設定ファイルなどもテキストファイルで記述することが多いですから、viはLinux管理の必須ツールの1つといえます。加えて、テキストファイルから先頭あるいは末尾の指定行数を表示するコマンドや、「正規表現」と呼ばれる文字列の構成パターン表記を使って検索したり、置換したりするコマンドも紹介します。

本記事は「HRzine」に移転いたしました

 IT人材ラボの後継メディア「HRzine」に本記事がございます。恐れ入りますが、こちらよりご覧ください。

(編集部)

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:Linuxを知らない人のためのLPICレベル1【101試験】入門
IT人材ラボ
2016/10/04 12:09 /article/detail/102
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0