Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

ブロックチェーン技術を用いた副業支援アプリケーションの実証実験を実施、勤務時間の不正やミスの防止に効果―パーソルキャリア

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パーソルキャリアは、日本情報通信、テックビューロとともに、ブロックチェーン技術を用いた副業支援アプリケーションの実証実験を実施した。複数の企業間で1人の従業員の業務時間(主業時間・副業時間)を把握するという、副業の普及を困難にする課題の克服に向けた第一歩となる。

 企業が副業を制度化する場合、副業時間を主業時間と合算して残業代などを考える必要があるなど、社員の労務管理が大きな課題になる。副業先企業でも、主業時間と合算して給与や残業代を考えなければならない。一方、副業を行う個人にとっては、勤務時間の管理が大きな負担であった。

 今回行われた実証実験では、優れた耐改ざん性、ゼロダウンタイム、スマートコントラクトが特徴であるブロックチェーン技術を用いて、勤怠データを管理するアプリケーションを開発し、企業や個人の副業にまつわるさまざまな課題を検証している。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0