IT人材ラボ

注目の特集・連載

コンサルタントが基本として身につけているスキルの中身

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/05/09 06:00

 筆者が所属するEYアドバイザリー・アンド・コンサルティング(以下、EYACC)は、世界に25万人のプロフェッショナルを有するEYのメンバーファームです。日本においては約1300人(2018年2月現在)の社員数を有し、各種アドバイザリー・コンサルティングサービスを企業や組織に提供しています。もちろん、そこで働くプロフェッショナルも、入社後に様々な研修(OJTも含む)を経てようやくプロフェッショナルになります。本連載では、コンサルティングファームであるEYACCでどのように人材を育成しているのかを説明していきます。今回はその前のお話として、コンサルタントが基本として身につけているスキルを紹介します。

本記事は「HRzine」に移転いたしました

 IT人材ラボの後継メディア「HRzine」に本記事がございます。恐れ入りますが、こちらよりご覧ください。

(編集部)

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 香西 貴雄(コウザイ タカオ)

    EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 Technology部門 シニアマネージャー。
    外資系コンサルティング会社を経て、2017年10月から現職。日本でのERP導入の黎明期から、日本企業様や海外企業様の企業変革のためのERP導入・展開を支援するコンサルティングサービスを担当。効果的なERP導入を目的に「テンプレートを用いたERP導入」「スキルトランスファーモデルによるERPの導入」等、様々なERP導入と人材育成手法の開拓と実践を担当。

バックナンバー

連載:コンサルティングファームの人材育成術
IT人材ラボ
2018/05/09 06:00 /article/detail/1050
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0