Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

シリコンバレー発の開発者スクール米Make Schoolと資本業務提携、卒業生のキャリア教育支援―ウォンテッドリー

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/05/28 06:00

 人材採用支援などを行うウォンテッドリーは、プロダクトプログラミングスクールを運営する米国シリコンバレー発の米Make Schoolに出資し、資本業務提携を行うことを5月24日に発表した。この提携によりウォンテッドリーは、同スクールへの参加者やパートナー企業を米国内で共同募集するとともに、卒業生へのキャリア教育支援を行う。

 米Make Schoolは2012年に設立。単なるプログラミング学習だけではなく「課題を解決するプロダクト開発」を主眼に置き、エンジニア・起業家・クリエイターを育成する。米国サンフランシスコで2年間学ぶ「Product College」、世界各国で開催される6週間の「Summer Academy」という2つのプログラムを主に展開している。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2018/05/28 06:00 /article/detail/1087
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0