Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

大学3年生から就職活動を始めている学生にアプローチする方法――優秀生の宝庫を取りこぼすな

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Dento[著]
2018/06/04 06:00

 ごきげんよう、Dentoである。最近、就職活動の早期化が加速している。早くからキャリアを主体的に考える学生の割合が、少なくとも関東圏では増えている気がする。こうした学生にいち早くアプローチする方法について、近年の変化を含めてお伝えしたい。

著者のDento氏が運営する「20代〜30代のキャリアを考えるブログ」もあわせてご覧ください

早期に就職活動を始めるようになった背景

 学生が、就職活動を早期に始めるようになった理由には、大きく2つある。1つは、日本の有名な大手企業に入って定年まで勤めるというモデルが、以前より成り立ちにくくなったことだ。つまり、企業や学校から与えられた情報だけを見ていたら痛い目に遭う可能性があるということだ。例えば、大手銀行に盲目的に就職したら将来路頭に迷う可能性があることを、学生は気にしている。

 学生は、大手銀行が今後立ち行かなくなる問題について、本質的なところを理解しているわけではない。しかし、少なくともAIといったキーワードは認識している。そのため、「AIが普及すると銀行の業務は削減されて、人員がだいぶ不要になるのでは」というところくらいは想像が及ぶ。

 もう1つは、外資系企業やベンチャー企業の採用が増えたことだ。外資やベンチャーは経団連に加入していないため、採用のルールが実質ないに等しい。一部のベンチャーでは、大学3年生になる直前の2年生を対象にしたり、1〜2年生だけを対象にした就活イベントを実施したりしている。

 こうした外部環境の変化によって、学生は、早く始めざるを得なくなっているのである。

 知られているように、外資系やベンチャー企業では大学3年生の夏休みに内定が出る。そこで就職活動をやめる学生も少なくない。彼らにアプローチしたければ、夏休みまでいかに勝負するかが重要だ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Dento(デント)

    自身の経験を基にトップ校の新卒学生から20代、30代に向けたキャリアアドバイスを数多く実施。キャリア論を発信したブログ「20代~30代のキャリアを考えるブログ」が多くのビジネスパーソンから支持される。
    20代~30代のキャリアを考えるブログ: https://www.careerhigh.jp

バックナンバー

連載:20代~30代のキャリアを考えるブログ 出張版

もっと読む

All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0