Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

2018年卒新卒内定者を対象にした内定辞退調査、学生の意志決定に早期化傾向―EDGE

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EDGEは、同社が提供する内定者フォロー・新入社員研修SNS「エアリーフレッシャーズ」事業において、2018年卒向けサイトの利用者である内定者および内々定者約3万人の状況を分析し、辞退傾向を調査した結果を、5月29日に発表した。

 経団連による採用選考に関する指針において、選考開始時期は6月1日に変更されたが、実質的に形骸化しており、内定出しスケジュールは年々前倒しとなっている。こうした状況から、今回の調査でも2018年卒においても内定辞退が5月ごろから増加し、6月をピークに9月まで辞退の申し出が発生する状況が、2017年卒に続いて明らかになった。

2018年卒と2017年卒の内定辞退率(出典:プレスリリース)
2018年卒と2017年卒の内定辞退率(出典:プレスリリース

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0