Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

「副業・複業に関する調査」、約7割の企業が副業・複業を禁止―アデコ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アデコは、上場企業に勤務する30代~50代の管理職、20代および30代の一般社員を対象に実施した「副業・複業に関する調査」の結果を、6月6日に発表した。

 「副業・複業に関する調査」は、5月17日~20日の期間に、全国の上場企業に勤務する30代~50代の管理職(課長職・部長職)510名、全国の企業または団体に正社員として勤務する20代および30代の一般社員500名を対象に、インターネット調査で行われている。

 管理職に対する調査結果では、「あなたのお勤め先では、現在、自社の社員に副業・複業を認めていますか」という質問に対して、66.3%が「禁止している」と回答。その理由は、「社員の長時間労働や過重労働を助長してしまうから」(29.9%)、「情報漏えいのリスクがあるから」(27.8%)の順となった。

企業で副業・複業を認めているか
企業で副業・複業を認めているか
企業で副業・複業を禁止している理由
企業で副業・複業を禁止している理由

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0