IT人材ラボ

注目の特集・連載

国内で働くグローバル人材の76%「残業減っていない」、減っても従業員への見返りは薄く―ロバート・ウォルターズ・ジャパン

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、日本語・英語の2言語と専門分野でのスキル・経験を用いて国内で働くグローバル人材を対象に行った、残業の実態に関するアンケート結果を、6月20日に発表した。

 同調査は、5月11日~27日の期間に、ロバート・ウォルターズ・ジャパンに登録している1958名を対象に実施された。

 「残業の実態」を尋ねた質問では、「働き方」が話題になって以降「残業が減った」という回答は24%で、役職別に見ると担当者レベルの一般社員では75%、管理職では79%が「残業が増えた」あるいは「変わっていない」と回答した。

「働き方」が話題になって以降の残業時間数
「働き方」が話題になって以降の残業時間数(出典:プレスリリース
「働き方」が話題になって以降、残業時間が変わらない・増えた
「働き方」が話題になって以降、残業時間が変わらない・増えた(出典:プレスリリース

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2018/06/22 12:05 /article/detail/1132
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0