Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

ネームバリューのある企業のインターンシップへ行け――優秀な就活生の就活行動インタビュー《前編》

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Dento[著]
2018/09/10 06:00

 ごきげんよう、Dentoである。今回は、総合商社に進むことを決めた2019年卒生にインタビューを行ってみた。実際の学生がどのように考えて就職活動をしているか、リアルな声を届けたい――そう思い、匿名を条件に答えていただいた。この学生は大変優秀で、就活解禁の半年以上前から就活を開始。数々のインターンに参加した結果、外資系コンサルと外資系金融機関から内定をもらい、最終的に総合商社に進路を定めた。こうした学生の生の意見は貴重なので、採用活動の参考にしていただければ幸いである。なお、今回は前後編でお送りする。

著者のDento氏が運営する「20代〜30代のキャリアを考えるブログ」もあわせてご覧ください

グループディスカッションで危機感を覚えインターンシップに数多く応募

――まずは自己紹介からお願いします。

 大学を卒業後、そのまま文系の大学院に進み、現在修士2年に所属しております。

 実はそもそも、大学院に進学するつもりはあまりありませんでした。野球が好きで、受験をしたくないからという理由で中高一貫校に所属しており、中学時代3年と高校時代の引退までの2年半はひたすら野球をしていました。

 大学でも野球を続けていたのですが、高校時代のけがが悪化し、大学2年で引退を余儀なくされました。要するに勉強はほとんどせず、ずっと野球をしていた学生生活でした(笑)。

 ただ、将来を考えると、野球ばかりやっていても生計を立てることは難しいと思い、大学時代に1年半の留学をしました。その結果、帰国した時にはすでに就活が始まっていたので、就活を一年遅らせるために大学院進学を決めました。

 もくろみ通り、大学院に入ってからは授業や研究の傍ら、しっかり就活もできましたし、大企業から多くの内定もいただけました。大学院進学は成功だったと思います。

――なるほど。では就活自体はいつから始められたのでしょうか。

 初めて企業の選考というものを受けたのは、2017年の5月ごろです。就活生に人気のDI(ドリームインキュベータ)のインターン選考を受けたのが最初ですね。

――DIは優秀な就活生の登竜門になっています。今年も7月にインターンシップが実施されていましたね。コンサルに興味があったのでしょうか。

 全くコンサル業界には興味がありませんでしたし、さらに「こんな早くから就活しなくても大丈夫だろう」と高を括っていたので、全く対策をせずに思い出作りで友人と選考に参加しました。

 その結果、8人くらいのグループディスカッションで何もできないまま落選しました。特にこの時の選考は、周りが東大生、慶應大生ばかりで就活に対して意識の高い学生を目の当たりにしたんです。本気で就活に取り組まなければいけない、と危機感を感じましたね。

――危機感を感じてからはどのような行動をとられたのですか。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Dento(デント)

    自身の経験を基にトップ校の新卒学生から20代、30代に向けたキャリアアドバイスを数多く実施。キャリア論を発信したブログ「20代~30代のキャリアを考えるブログ」が多くのビジネスパーソンから支持される。
    20代~30代のキャリアを考えるブログ: https://www.careerhigh.jp

バックナンバー

連載:20代~30代のキャリアを考えるブログ 出張版

もっと読む

All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0