Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

20歳~65歳の会社員を対象にした「働き方改革に関する実態調査【企業の選び方編】」の結果を公開、転職理由は20代が仕事内容、40代以降は給与―ジャストシステム

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」において、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用し、20歳~65歳の会社員(公務員を除く)を対象に実施した「働き方改革に関する実態調査【企業の選び方編】」の結果を7月31日に発表した。

 同調査は、20歳~65歳の会社員(公務員を除く)の男女1000名を対象に実施している。

 調査結果によれば、14.4%が「現在、転職を検討もしくは活動をしている」と回答しており、年代別では20代が22.0%、30代が20.0%、40代が14.5%、50代が10.5%、60代が5.0%だった。

 「現在、転職を検討もしくは活動をしている」人に対して、転職を考えた理由を尋ねたところ、「給与が見合わない」(37.0%)が最多で、年代別では40代以降が「給与が見合わない」が最も多く、いずれの世代でも半数を占めている(40代:50.0%、50代:52.6%、60代:50.0%)。一方で、20代では「仕事内容が合わない」(25.6%)が最も多かった。

転職を考えた理由の1位は「給与・収入が合わない」
転職を考えた理由の1位は「給与・収入が合わない」(出典:プレスリリース
[画像クリックで拡大表示]

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0