Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

採用業務代行サービスも提供するクラウド型人事管理システム「ヒトマワリ」を8月16日にリリース―グローバンス

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グローバンスは、クラウド型人事管理システム「ヒトマワリ」の提供を、8月16日に開始する。

 「ヒトマワリ」は、人や組織の見える化によって、経営者や人事総務部門に求められる働き方改革への対応や、離職率の軽減、ハイパフォーマンス人材の発掘を可能にするクラウド型人事管理システム。

 採用業務代行サービスと採用管理システムを提供することで、人事管理の業務を効率化し、人事部門が本来あるべき業務に従事できるようにするほか、必要な人材を漏れなく採用する採用コンサルティングも提供する。

 さらに、適性検査の結果をもとに人材のクラスター分析(採用・配属のマッチング分析)を行い、求める人材像の明確化や、最適な人員配置を支援するとともに、従業員データベースに情報を集約し、経営に役立つ組織分析、人材データの加速による経営判断を加速する、人材・組織のビジネス・インテリジェンスツール(意志決定支援システム)の実装を2019年1月ごろに予定している。

「ヒトマワリ」の概要(出典:プレスリリース)
「ヒトマワリ」の概要(出典:プレスリリース

 なお、「ヒトマワリ」の人材クラスター分析によって、離職率が25%から10%以下に改善された実施結果があるという。

 導入にあたっての初期設定費用は無料で、標準パッケージの月額料金は25万円。なお、従業員数50名未満の企業なら、システム利用料金が無料になる。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0