Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

「人材データプラットフォーム構想」を発表、人材マスターを一元管理しAPI連携も―カオナビ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/07 15:54

 カオナビは8月6日、タレントマネジメントサービスの新たな展開として、「人材データプラットフォーム構想」を発表した。従業員の入社から退社までに発生するデータを一元管理する人材マスターデータベースが核となる。

 同プラットフォームの人材マスターデータは、カオナビがユーザー1000社以上の人材データを分析して必要項目を割り出したという、人材に関する共通データ設計「JOBXフォーマット」で格納される。JOBXフォーマットは、各項目を選択式で入力する仕組みのため、表記の揺らぎ(デザイナとデザイナーなど)もなく、人材情報の「並べやすい・見つけやすい・読みやすい」を実現するという。APIで他のサービスやシステムとの連携も可能にする。

人材データプラットフォーム構想の概要
人材データプラットフォーム構想の概要
[画像クリックで拡大表示]

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0