Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

レポート「人事評価制度を活用した人材確保と賃金向上」を発表、中小企業の人手不足の解消・生産性向上の解決策を提言―慶應義塾大学大学院経営管理研究科・岩本研究室

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 慶應義塾大学大学院経営管理研究科の岩本隆特任教授は、レポート「人事評価制度を活用した人材確保と賃金向上」を9月26日に発表した。人事評価制度の活用による企業やGDPへの影響などを分析・報告している。

 同レポートでは、中小企業の近年目立つ課題として、少子高齢化の進行に起因する、企業の内部環境における「人材不足の深刻化」を指摘する。

 最新の大卒求人倍率調査では、中小企業の求人倍率は9.91倍の採用難であり、国内企業の3分の2が後継者不在という後継者難であることから、経済産業省中小企業庁調査室は2025年頃までに650万人の雇用と約22兆円のGDPが失われると試算する。

中小企業「人材不足の深刻化」と予測される影響(出典:プレスリリース)
中小企業「人材不足の深刻化」と予測される影響(出典:プレスリリース
[画像クリックで拡大表示]

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2018/09/27 16:22 /article/detail/1252
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0