Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

エンジニア向けディープラーニング資格「E資格」の第1回合格者は234名――日本ディープラーニング協会

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/15 07:27

 日本ディープラーニング協会は、エンジニア向けディープラーニング資格「JDLA Deep Learning for ENGINEER 2018」(以下、E資格)の第1回を9月29日に実施。234名の合格者が生まれたことを10月12日に発表した。

 日本ディープラーニング協会では「G(ジェネラル)検定」「E(エンジニア)資格」という2つのディープラーニングに関する資格試験を実施している。G検定はディープラーニングの基礎知識を問う一般向けの資格。今年6月に第1回が開催された。一方、E資格は、ディープラーニングの理論や手法の理解や実装力を問うエンジニア向け資格で、こちらも今回が第1回の開催。

 受験申込者数は342名で、受験者数は337名。そのうち、合格者は234名で、合格率は69.4%となった。受験申込者342名の年齢層は幅広く10代から60代にわたり、最も多いのは30代で、全体の38.9%を占めたという。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0