Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

時間外労働を可視化する「KING OF TIMEデータ分析」をリリース、36協定対応上限や特別条項残時間に対応―ヒューマンテクノロジーズ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヒューマンテクノロジーズは、2019年4月に改正される「労働基準法時間外労働の上限規制」を可視化するクラウドサービス「KING OF TIMEデータ分析」の提供を、10月17日に開始した。

 「KING OF TIMEデータ分析」は、勤怠管理システム「KING OF TIME」との連携が可能で、働き方の可視化によるリスクのキャッチアップを実現する。

 「36(サブロク)協定」(労働基準法第36条)対応上限および特別条項残時間に対応しており、部署/所属単位でのランキングや、前年対比の表示、打刻による勤怠時間とPC利用時間との差分比較といった機能を備えている。

 時間外労働の把握では、「36協定」の管理をグラフで可視化でき、部署/所属別のランキングによって勤怠データの有効活用を促進する。

時間外労働を可視化(出典:プレスリリース)
時間外労働を可視化(出典:プレスリリース
[画像クリックで拡大表示]

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0