Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

社員の生産性や配置配属などに対する意識を見える化する「日立人財データ分析ソリューション」を発売―日立製作所

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は、従来は把握が困難だった社員の生産性や配置配属などに対する意識をデータとして見える化し、人事施策の高度化を支援する「日立人財データ分析ソリューション」の販売を、10月17日に開始した。価格は個別見積もりで、提供開始は10月31日。

 「日立人財データ分析ソリューション」は、生産性などの意識を見える化する独自の測定方法によるサーベイを実施するとともに、サーベイによって明らかになった意識のデータと、勤怠や出張履歴といった行動データをAIで掛け合わせて分析することで、生産性の向上に寄与する新たな要因を引き出す。

 サーベイの実施、およびサーベイによって得られたデータの分析からは、社員1人ひとりの強みや課題、配置配属のフィット感などを踏まえた、社員がいきいきと活躍するための意識変革を促すフィードバックや、精度の高い人事施策が可能になるという。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0