Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

CISAの民間教育機関として日本初認定、システム監査の国際的資格―アビタス

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アビタスは、システム監査の国際資格であるCISA(Certified Information Systems Auditor:公認情報システム監査人)の民間教育機関として、日本ではじめて認定を受けたことを、11月14日に発表した。

 CISAは、情報システム監査、セキュリティ、コントロールに関して指導的な役割を担うISACA(Information Systems Audit and Control Association)が認定する国際資格で、試験は約80か国で実施され、2016年末の時点で累計12万9000名の認定者が存在する。

 また、米Global Knowledge Trainingが3月30日に発表した「15 Top-Paying Certifications for 2018」(稼げる認定資格 Top15 2018年版)では、CISAは13位(年収額9万9684ドル)にランクインした(関連記事)。

 公官庁の入札条件に、CISAをはじめとするシステム監査資格の保有が明記される場合もあり、大手監査法人や上場企業を中心に、情報セキュリティに関してグローバルに通用する知識を備えた人材が求められ始めている。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0