Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

20卒学生の11月後半時点における就職意識などに関する意識調査、就活の早期化傾向が強まる―ディスコ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディスコは、2020年3月卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生を含む)を対象に実施した、11月後半時点の就職意識などに関する「キャリタス就活2020 学生モニター調査結果(2018年12月発行)」を、12月4日に発表した。

 同調査は、11月15日~26日の期間に実施され、1207名より有効回答を得ている。

 「就職戦線の見方」を尋ねたところ、先輩たちより「厳しくなる」と回答した人は57.9%と、前年調査と比較して8.3ポイント増加した。寄せられたコメントでは、就職戦線の急激な早期化を警戒する意見が目立つとともに、五輪特需の一服感に懸念を抱く声も聞かれた。

就職戦線の見方
就職戦線の見方
[画像クリックで拡大表示]

 志望業界を訪ねた質問では、志望業界が「明確に決まっている」人は21.4%、「なんとなく決まっている」人は51.9%であり、志望業界の1位は「医薬品・化粧品」で、以下「水産・食品」と「素材・化学」が続く。

11月後半時点の志望業界
11月後半時点の志望業界

 就職活動の中心とする予定の企業の規模は、「業界トップの企業」が19.5%、「大手企業」が41.1%と、大手狙いの学生がさらに増えている。

就職活動の中心とする予定の企業の規模
就職活動の中心とする予定の企業の規模
[画像クリックで拡大表示]

 インターンシップの参加状況を尋ねたところ、86.2%が参加経験ありと回答しており、前年同期より6.2%増加した。今後の参加予定としては「2月」(83.2%)がもっとも多く、「1月」(79.5%)がそれに続き、前年より早期の参加意向が強い。

インターンシップの参加状況
インターンシップの参加状況
[画像クリックで拡大表示]

 就職活動の開始状況を尋ねた質問では、「自分の中ですでに就職活動は始まっている」という回答が85.8%に達し、スタート時期は「3年生の6月」に集中している。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0