Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

韓国の3大学・教育機関と日本語教育に関する覚書を締結、ITエンジニア採用を強化―ヒューマンリソシア

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヒューマンリソシアは、韓国の3大学および就職教育機関1校と、日本語教育の推進やITエンジニアとしての日本での就職支援において、協力して取り組むための覚書を締結したことを、12月5日に発表した。

 覚書を締結したのは、韓国の大眞大学(Daejin University)、鮮文大学校(Sun Moon University)、公州大学校(Kongju National University)と、日本および海外向けの公的就職研修機関であるJSL人材開発院。

 覚書の締結にともない、これらの学校で日本に関心を持つIT専攻の学生向けに日本語講座を開講し、日本語を学ぶ場を提供する。

 日本語講座の開講にあたって、ヒューマンリソシアはグループ会社が持つ独自の日本語教育ノウハウを提供し、カリキュラムや日本語教師の育成支援を行う。また、日本でITエンジニアとして働くための採用フェアを定期的に開催し、卒業後は日本語能力を持つITエンジニアとして、日本企業で働くフィールドを提供する。

 さらに、これらの取り組みを通じて2019年以降には、年間100名のITエンジニアを韓国より採用し、日本国内の企業で就労する機会を提供していく。同時に、ITエンジニア不足に悩む国内企業に優秀なITエンジニアを派遣することで、2021年3月期に1000名体制を目指す「GIT(Global IT Talent)サービス」の拡大に取り組む。

大眞大学での締結式
大眞大学での締結式
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0