Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

職場の忘年会に関する調査、20~30代は「楽しいから」参加がやや高め―ランスタッド

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ランスタッドの「働く」と「働く人」の環境にフォーカスした研究機関・ランスタッド・リサーチインスティテュート(RRI)は、労働者意識調査「ランスタッド・ワークインサイト」において実施した「職場の忘年会に関する調査」の結果を、12月5日に発表した。

 「職場の忘年会に関する調査」は、20歳~69歳の一般企業に勤務する人(正社員・契約社員)および公務員・団体職員1800名を対象に、11月2日~6日の期間に実施している。

 「会社の忘年会に参加しているか」を尋ねたところ、66.1%が「参加している」と回答した一方で、出席する理由を「仕事の一部だから」と答えた人が46.5%に達した。

 
[画像クリックで拡大表示]

 忘年会に参加する理由の2位は「チームの親睦が深まるから」(30.1%)で、性別・年代を問わず20~30代の「楽しいから」と回答した割合が、他の年代と比較して5~6ポイントの差をつけている。50~60代の男性は「チームの親睦が深まる」と感じている割合が多かった。また、30代では、性別問わず「社内でのネットワークが広がり仕事がしやすくなるから」が他の年代よりも多く共感を得ている。

 
[画像クリックで拡大表示]

 忘年会に参加しない理由としては、30代女性の54.1%が「育児や介護で、家を留守にするのが難しいから」、30代男性の47.6%が「お金を払いたくないから」と回答。20代男性の33.3%は「お酒が飲めないから」と答えている。

 
[画像クリックで拡大表示]

 エリア別に見てみると、九州・沖縄エリアでは会社の忘年会を「楽しい」と答えた人(24.9%)が他のエリアよりも圧倒的に多い。また、近畿エリアの28.6%、東海甲信越エリアの25.9%が会社の忘年会に「お金を払いたくない」と回答している。

 
[画像クリックで拡大表示]
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0