Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

2018年のプログラミング言語別市場人気や年収を集計した「転職ドラフト結果報告レポート2018」発表―リブセンス

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リブセンスが運営するITエンジニア限定の競争入札型転職サイト「転職ドラフト」は、2018年のプログラミング言語別の市場人気や年収の集計をまとめた「転職ドラフト結果報告レポート2018」(指名(スカウト)時の提示年収、指名数の集計)を、12月26日に発表した。

 「転職ドラフト結果報告レポート2018」では、2018年に開催された第10~15回の転職ドラフトで送られた、実際の指名(スカウト)6536件を対象に、現場で使われているプログラミング言語の経験者人数、および指名に対する提示年収についての平均値を集計している。

 もっとも現場で使用されているプログラミング言語はJavaScriptで、2位以降にJava、PHP、Ruby、Node.js、Pythonが続く。

第10~15回転職ドラフトにおけるプログラミング言語ごとの指名数

 指名金額は、Scalaが678万円で1位となり、2位がGo(667万円)、3位がPerl(663万円)だった。4位以降はC、C++、Pythonが続く。

第10~15回転職ドラフトにおけるプログラミング言語ごとの平均指名金額
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0