Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

「中途採用業務の実績調査」発表、中途採用者は「質」よりも「量」に不満―マイナビ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイナビは、直近3年間で中途採用の募集実績がある企業を対象に実施した「中途採用業務の実績調査」の結果を、1月31日に発表した。

 「中途採用業務の実績調査」は、直近3年以内に中途採用の募集をしていた企業2665社の中途採用担当者を対象に、2018年9月28日~10月11日の期間に実施された。

 中途採用の満足度では、中途採用者の質に対して不満を持っている企業は24.5%だったのに対して、量に対して不満を持つ企業は35.1%と、質よりも量に対する不満の方が多かった。

中途採用に関する満足度
中途採用に関する満足度
[画像クリックで拡大表示]

 中途採用活動に関して不足していると感じているものは、「採用業務に従事できる人員」(66.2%)、「採用費用」(57.9%)、「採用業務にあたれる時間」(53.9%)と、3分の2の企業が採用担当者自体に人手不足を感じており、それを補う人員もいない、という結果となっている。

中途採用全般はどちらに近いか
中途採用全般はどちらに近いか
[画像クリックで拡大表示]

 「現在実施している施策」または「現在実施していないが、今後実施していきたい施策」を尋ねた質問では、すでに52.3%が「60歳以上の高齢社員の雇用」を行っており、今後実施したい企業を含めれば64.4%に達した。「外国人の雇用」「現役・引退アスリートの雇用」は、現在実施している企業よりも、今後実施していきたい企業の方が多い。

「現在実施している施策」または「現在実施していないが、今後実施していきたい施策」
「現在実施している施策」または「現在実施していないが、今後実施していきたい施策」
[画像クリックで拡大表示]

 中途採用で外国人を採用したいと考える企業は54.3%で、従業員300名以上の企業では71.7%の企業が外国人を採用したいと回答している。その理由としては、「国籍に関係なく優秀な人材は採用したい」(32.9%)が最多で、「日本人の人材不足に対応するため外国人を採用したい」(20.2%)がそれに続く。

外国人の中途採用に関してどのように考えているか
外国人の中途採用に関してどのように考えているか
[画像クリックで拡大表示]

 外国人の採用に対する懸念としては、「日本語能力・コミュニケーション能力の不足」(52.0%)がもっとも多く、「文化・価値観・考え方の違いによるトラブル」(42.3%)がそれに続いている。

外国人の中途採用に関する懸念
外国人の中途採用に関する懸念
[画像クリックで拡大表示]
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0