Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

平成元年と平成30年の新卒社会人各1000名に行った仕事観に関する調査結果を発表―アデコ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アデコは、平成元年に新卒で社会人になった人と、平成30年に新卒で社会人になった人を対象に実施した、仕事観に関する調査の結果を、2月20日に発表した。

 同調査は、平成元年に新卒で社会人になった男女1000名(男性524名、女性476名)と、平成30年に新卒で社会人になった男女1000名(男性443名、女性557名)を対象に、2018年12月15日~27日の期間に実施された。

 新卒入社時に、安定した大手の企業と今後伸びそうな新しい企業のどちらで働きたいかを尋ねたところ、どちらのグループも7割近くが「安定した大手の企業で働きたいと考えていた」と回答した。

安定した大手の企業と今後伸びそうな新しい企業のどちらで働きたいかと考えていたか

 新卒入社時に、1つの企業でずっと働いていたいと思っていたかを尋ねた質問では、平成元年新卒組の約7割が「1つの企業でずっと働いていたいと思っていた」と回答しており、平成30年新卒組もその割合は減少したものの、半数以上が半数以上が転職せず入社した企業で働き続けたいと答えている。

新卒入社後のキャリア構築に対する考え方

 就活中の会社選びで重視していたことは、平成元年新卒組では「やりたい仕事ができる」(47.4%)、「給与の水準が高い」(35.5%)、「福利厚生が充実している」(29.9%)の順で、平成30年新卒組では「福利厚生が充実している」(57.6%)、「やりたい仕事ができる」(52.0%)、「ワークライフバランスが実現できる」(51.1%)の順だった。

会社選びで重視したこと:平成元年新卒組
会社選びで重視したこと:平成30年新卒組

 新卒入社時に、自分のことと仕事での成功どちらを優先したいと考えていたかを尋ねたところ、どちらのグループも「会社や仕事のことより、自分のことを優先したいと考えていた」と回答した人の割合が多い。ただし、その割合は平成元年新卒組が62.5%だったのに対し、平成30年新卒組は75.1%と10ポイント以上高く、現代の若者のほうが自分のことを優先する傾向がより強いことがわかった。

新卒入社時の仕事とプライベートに関する意識

 新卒入社時に、どの程度出世意欲があったかを尋ねた質問では、「出世したい」と答えた割合が平成30年新卒組では52.2%だったのに対して、平成元年新卒組は31.6%と、20ポイント以上も差が生じている。

新卒入社時の出世に対する考え方

 さらに、「出世したい」と答えたグループに、どの程度まで出世したいと思っているかを尋ねたところ、平成30年新卒組の方がより上の役職を目指していることが明らかになった。

最終的にどの程度まで出世したいと思っているか

 新新卒入社時に、同期に対して競争心があったかどうかを尋ねた質問では、平成元年新卒組の6割以上が「同期に対する競争心はない」と答える一方で、平成30年新卒組では半数以上が「同期には負けたくない」と回答している。

新卒入社時の同期に対する意識

 新卒入社時に、収入と勤務時間どちらを優先したいと考えていたかを尋ねたところ、どちらのグループも「収入が多くなるなら、勤務時間が長くても良い」と考えていた人の割合が多かったが、平成30年新卒組のほうがその傾向がより強くなっている。

新卒入社時の働き方に関する意識

 平成30年新卒組に対して、将来男性が「主夫」になることについてどう思うかを尋ねた質問では、男性の6割以上が「主夫になっても構わない」と回答した。一方で、女子の約6割は「配偶者には主夫になってほしくないと思う」と回答している。

将来、自身が主夫になることをどう思うか/配偶者が主夫になることをどう思うか
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0