IT人材ラボ

注目の特集・連載

賢く責任を全うできるチームを作るため、担当分野を変えてマルチエンジニアを育てる

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/07 06:00

 株式会社エバーセンスで開発部部長をしている西山です。弊社では「家族の幸せ」をビジョンに掲げ、いくつかのWebサービスやモバイルアプリの自社サービスを作っています。そのうちの1つに、妊娠アプリの「ninaru(ニナル)」があります。ninaruは妊娠・出産アプリの中で日本一レビューが多く、非常に高い水準で評価をいただいています。また、弊社では「良いプロダクトを作ろう」「価値あるものをユーザーに届けよう」というのが合い言葉になっていて、全員がそこにフォーカスしてものづくりをしています。本稿では、合い言葉を現実のものとするために、筆者がどのような考えでエンジニアチームをマネジメントしてきたかを紹介します。

本記事は「HRzine」に移転いたしました

 IT人材ラボの後継メディア「HRzine」に本記事がございます。恐れ入りますが、こちらよりご覧ください。

(編集部)

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 西山 修(ニシヤマ オサム)

    大学を中退後、独学でエンジニアに。その後、青年海外協力隊のコンピュータ技術者としてタンザニアで2年間指導にあたる。帰国後はWebエンジニアとしてソーシャルビジネスのスタートアップを経験。現在は、株式会社エバーセンスでエンジニアとデザイナーを統括する開発部部長。妊娠アプリ「ninaru(ニナル)」の初代プロダクトオーナーも務め、iOS/Androidのストアでメディカル1位を達成。2児の父。

バックナンバー

連載:特別企画

もっと読む

IT人材ラボ
2019/03/07 06:00 /article/detail/1486
All contents copyright © 2017-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0