Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

プロジェクト管理ツール「Jooto」料金プランを改定、無料ユーザーでも全機能を利用可能に―PR TIMES

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PR TIMESは、同社が運営するプロジェクト管理ツール「Jooto(ジョートー)」の料金プランを3月4日に改定し、ユーザー数4名までであればすべての機能を無料で利用できるよう変更した。

 「Jooto」は、“誰でも、簡単に、直感的に使えるツール”として2014年にスタートした、シンプルでユーザーフレンドリーなインターフェースが特徴のクラウド型プロジェクト管理ツール。

 これまで、コア機能のみ無料で提供するフリーミアムと、ユーザー数やプロジェクト数など容量や機能に応じた階層型を採用しており、気軽に無料で試せるものの、無料プランのユーザーはプロジェクトの成功に必要な機能を十分に活用できなかった。

 今回の料金プランの改定では、無料プラン・有料プランどちらもすべての機能を利用可能になったほか、従来は容量や機能に応じて4種類に分かれていた有料プランを1つに統合している。さらに、ユーザー数4名までが無料で、5名以上になったら1名追加に応じて月額500円(税別)が課金される。

新旧プランの比較(無料プラン)
新旧プランの比較(無料プラン)
[画像クリックで拡大表示]
新旧プランの比較(有料プラン)
新旧プランの比較(有料プラン)
[画像クリックで拡大表示]

 そのほか料金改定にあわせて、自身の参加プロジェクトがどの会社やチームに属しているかを確認できる「組織情報」機能、組織に所属しているユーザーを一覧で確認することが可能で、そのユーザーがどのプロジェクトに所属しているかなどの詳細情報を確認できる「ユーザー管理」機能が追加された。

追加された「組織情報」機能および「ユーザー管理」機能
追加された「組織情報」機能および「ユーザー管理」機能
[画像クリックで拡大表示]
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/03/05 11:00 /article/detail/1515
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0