Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

【警鐘】Googleしごと検索(Google for Jobs)でガイドライン違反ペナルティによる大規模な手動削除が発生

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/08 18:00

 Googleしごと検索へ求人情報を掲載されている求人媒体様へ向けての注意喚起です。

本記事について(編集部)

本記事は、Google しごと検索の情報サイト「ググチエ」が、2019年3月7日に公開したこちらの記事を、ググチエを運営する株式会社ウィルビーの協力により転載しているものです。

 Search console上で確認できる有効な求人情報数が先月中旬くらいからどんどん減っていく、ということを複数の媒体から聞いておりましたが、どうやらGoogleがGoogleしごと検索(Google for Jobs)のガイドライン違反に対してペナルティを発動し、掲載原稿の大幅な削除を行っているようです。

 Googleの金谷氏が3月5日、Twitterにてガイドライン違反の報告が増えており、手動削除もありうると警鐘を鳴らすツイートしておられましたが、Googleも実際に動き出したようです。

 当社にて得た情報によると、前述のペナルティ対象になった有名大手求人媒体においては、Googleしごと検索に表示されていた求人情報の95%が前触れなしに削除されたとのことです。

ガイドライン違反の求人情報が無いか、必ず確認しましょう

 今回のペナルティの対象になっている媒体ですが、本当にGoogleしごと検索にて表示されなくなっています。以下のスクリーンショットにあるコンテンツガイドライン、技術的ガイドラインなども参照し、違反がないことを確認しましょう。

Googleしごと検索コンテンツガイドライン
Googleしごと検索コンテンツガイドライン(出典:Google検索リファレンス「求人情報」

Googleしごと検索ガイドライン

 コンテンツガイドライン、技術ガイドライン以外にもガイドラインがありますので、以下にまとめて列記しておきます。

 上記のペナルティ対象になった媒体を確認したのですが、掲載内容の違反というより、特定のプロパティにおいてGoogleが定める仕様に沿って適切な値を入れていないためガイドライン違反の判定を受けたのかもしれません。

掲載内容については審査窓口がないからこそ、注意が必要

 JobPostingを適切に実装することでGoogle for Jobsへ求人情報を掲載することができます。無料で掲載できることが大きなメリットですが、Google自体が掲載前の審査などを行うことはありません。そのため、各々の求人媒体運営者が節度をもってガイドラインを遵守し、求人原稿を作成する必要があります。

 求人に関するガイドラインについては、前述のGoogleしごと検索コンテンツガイドラインを参照して対応することはもちろんですが、日本の求人広告の適正化を推進する全国求人情報協会の倫理綱領と掲載基準も確認するようにしましょう。

公益社団法人全国求人情報協会 - 倫理綱領と掲載基準



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • ググチエ編集部(ググチエヘンシュウブ)

    Google for Jobs知恵袋「ググチエ」は、日本の人材採用市場へIndeed以上のインパクトを及ぼす可能性がある、Google for Jobs(Google しごと検索)の情報サイトです。求人サイト運用担当者・採用担当者向けの解説記事、対策方法、エンジニア向けの技術情報、海外の事例インタビューなどを掲載していきます。

バックナンバー

連載:From ググチエ(Google しごと検索専門メディア)
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0