Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

アジャイル企画開発手法「スクラム」導入を支援する合弁会社Scrum Inc. Japan設立―KDDI、Scrum、永和システムマネジメント

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI、米Scrum、永和システムマネジメントは、アジャイル企画開発手法「スクラム」の導入支援によって法人ユーザーのイノベーション実現を目指す合弁会社として、Scrum Inc. Japanを設立したことを、3月8日に発表した。Scrum Inc. Japanは1月29日に設立し、4月より事業を開始する予定となっている。

Scrum Inc. Japan

 「スクラム」は、Scrumの創業者であるJeff Sutherland博士らが考案した、顧客からのフィードバックに基づいて計画と開発を短い期間で繰り返し、新しい機能を次々とリリースしていく手法。

 世界中の企業や行政府に採用され、アジャイル企画開発手法として世界で広く普及しており、近年は日本の企業でも5GやIoT、AIなど先端技術を既存ビジネスに取り込み、デジタルトランスフォーメーションを実現する手法として、需要が高まっている。

 今回のScrum Inc. Japan設立にあたって、Scrumは同社のプリンシパルトレーナーであり、欧米の大企業の組織的な変革を支援してきたJoe Justice氏を日本に派遣するほか、永和システムマネジメントからは、国内での「スクラム」普及およびアジャイル企画開発の発展に貢献してきた、平鍋健児がScrum Inc. Japanの取締役に就任する。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0