Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

多言語求人プラットフォーム「Hopper」提供開始、一部機能を除き無償で利用可能―ホッパー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホッパーは、多言語求人プラットフォーム「Hopper(ホッパー)」の提供を、3月15日に開始した。一部機能を除き、無償で利用できる。

 「Hopper」は、多言語求人ページを最短5分で作成し、世界中の求職者と言語の壁を超えたマッチングを可能にするクラウド型求人サービス。

 91か国後に対応した多言語メッセージング機能によって、メッセージをリアルタイムで自動翻訳するため、採用担当者と応募者どちらも母国語で、面接の日程調整や必要事項の連絡といったやり取りができる。

多言語メッセージング機能のイメージ
外国人求職者とリアルタイムでやり取り可能な多言語メッセージング機能を搭載

 企業の求人情報の翻訳、求職者の経歴の翻訳、両者のメッセージの翻訳機能を搭載しており、これから日本で働きたい外国人求職者、およびそんな外国人求職者を求める日本企業に対して、インターネットを介した言語によらないマッチングを提供する。

自動翻訳された企業情報のイメージ
自動翻訳された企業情報のイメージ
自動翻訳された求職者プロフィールのイメージ
自動翻訳された求職者プロフィールのイメージ

 なお、「Hopper」で作成・翻訳した求人情報は、各言語のインターネット検索に最適化されるので、外国人求職者はインターネットにて、自身の母国語での検索・閲覧・応募が可能になっている。また、「Googleしごと検索」にも自動的に掲載されるほか、様々なデバイスに対応する完全レスポンシブ、APIによる検索エンジンへの自動通知などの特徴もある。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0