Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

第二新卒の優秀層を採りたいと考えている採用担当者へ送るメッセージ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/26 06:00

 人材エージェントをしているKeiである。転職エージェントとして普段働いているが、若手ハイクラス人材と呼ばれる層から転職相談を受けることが多い。本連載では、かつて若手ハイクラス向けの転職サイトを運営していた経験や、転職エージェントとして若手ハイクラスのキャリア支援をしている経験をもとに、情報を発信していく。なお、対象読者には、大手有名企業に比べると知名度がそこまで高くないベンチャー企業の採用担当者を想定している。キャリアチェンジを志向している、高学歴の「若手ポテンシャル層」を採用したい方の参考になれば幸いである。

著者のKei氏が運営するサイト「転職の神」もあわせてご覧ください

なぜ大手企業から転職したいのか

 若手ポテンシャル層とは、社会人1~3年目で、大学でいうと早稲田大学や慶應義塾大学以上の大学を出ており(学部は問わず)、かつ就職活動で東証1部に上場している社員1万人以上の大手企業に就職している人をイメージしてほしい。ここでいう大手企業に該当するのは、トヨタや日産といった自動車会社、日立、NEC、富士通といった大手IT系メーカー、三菱UFJ銀行や三井住友銀行といった大手金融機関などだ。

 若手ポテンシャル層が第二新卒で転職しようとしている場合、その理由はおおよそネガティブなものだと考えてよい。どう考えても、せっかく有名企業に入ったのにすぐ転職を考えている時点でポジティブではないだろう。

 では、すぐに転職をしようと考えている若手はダメなのだろうか。私はそうは思わない。昨今、一部の大手メーカーやほとんどの銀行は先行きが心配されており、優秀な人材の流出が続いている。福利厚生面で優れていると言われていたNTTデータですら、エンジニアが続々とGAFA(主にGoogleとAmazon)に流出している。

 周りの転職状況や会社の先行きにいち早く不安を感じ、転職を検討している時点でアンテナが高く、むしろ優れた人材であると私は考える。

企業名よりもスキルを早く身に付けたいと感じる流れに

 だが、最終的に若手ポテンシャル層を転職へと駆り立てるのは、自分にスキルが身に付いていかないことへの不安である。一昔前であれば、スキルが身に付いていかないということに気がつかなかったかもしれない。だが昨今では、コンサルをはじめ、外資系企業で1年目からバリバリ働いている友人が彼らの周りにいる[1]。そのため、1年目から周囲とスキルに差がついていくのではないかと危惧する若手が、大手企業に増えてきているのだ。

 また、若手ポテンシャル層には、定年まで同じ企業で働き、じっくり成長していくよりも、「市場価値」が上がるスキルを身に付けるために、若い間からどんどん仕事をして経験を積みたいと考えている人が非常に多い。よいか悪いかは別として考え方が変わってきたおかげで、スキルが身に付くことを打ち出せば、企業自体にネームバリューがなくても、第二新卒で優秀な人材を採用できるようになってきた。

 ベンチャー企業でも、新卒では採れなかった優秀層を第二新卒で採用できるのだ。

[1]: コンサルティング業界には1000人以上の学生が門戸を叩いているため、上位大学であれば周りにコンサルタントの友人がいることも珍しくない。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Kei(ケイ)

    若手採用支援を中心に行う転職エージェント。学生時代より人材会社2社でインターン。中途で人材会社に入社し、若手向け求人サイトを立ち上げる。人材紹介会社を設立し独立。転職が盛んにおこなわれる時代だからこそ、慎重な転職アドバイスを実践中。

バックナンバー

連載:「転職の神」エキストラ
IT人材ラボ
2019/06/25 10:42 /article/detail/1542
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0