Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

20代が対象のITエンジニア育成サービス「U_29」、2019年度は4月より毎月開催―パーソルテクノロジースタッフ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パーソルテクノロジースタッフは、ITエンジニア育成 若年層就職支援サービス「U_29(アンダーニジュウキュウ)」において、年間100名のエンジニアを募集・育成する。

 「U_29」は、ITエンジニアを志す20代の若年層を広く募集し、IT基礎や専門技術、面接トレーニングなど1か月間の無償研修を実施後に、人材紹介または紹介予定派遣を通じて、就職先を紹介するサービス。

 2014年7月にスタートし毎年40名ほどが参加、140名がITエンジニアとしてキャリアスタート、キャリアアップを実現した。なお、U_29受講後に就業した人は、前職と比較して年収が平均52万円ほど増加している。

 U_29では、エンジニア志望の応募者の中から、基礎診断や面談などを経て受講者を決定し、マナー研修と技術基礎研修の後に、未経験でこれからITエンジニアを目指す人を対象に、幅広いIT知識・能力の取得を目指す「Basic」コースと、すでにエンジニアとして活躍中で、さらに技術力を身につけたい人を対象に、特定の分野における上位技術の取得を目指す「Advance」コースに分かれて研修を受講する。

 2019年度は4月から毎月研修を開催し、プログラム開始日は3月28日、4月25日、5月30日、6月27日、7月30日、8月29日で、以降毎月の開催を予定している。

 応募資格は20~29歳(30歳代は経験により応相談)のプログラム終了後に転職・就職が可能な、首都圏での就職を希望する人。受講エリアは東京都内(新宿、品川)で、受講時間は月曜~金曜の9時~18時、受講期間は1か月。定員は1開催あたり7~10名程度。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0