Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

就活生に聞いた「ブラック企業」への考え方、8割超の学生が企業選びの際にブラック企業を意識―ディスコ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディスコは、2019年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生を含む)、および2020年3月卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生を含む)を対象に実施した、「ブラック企業」と「ホワイト企業」への考え方についての調査結果を、3月26日に発表した。

 同調査は、2019年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生を含む)750名(文系男子221名、文系女子220名、理系男子200名、理系女子109名)と、2020年3月卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生を含む)750名(文系男子285名、文系女子192名、理系男子193名、理系女子80名)を対象に、2月8日~14日の期間に実施されている。

 調査対象者に、「企業選びの際の意識」を尋ねたところ、ブラック企業を「気にしていた(している)」と答えた人は、2019卒者が85.6%なのに対し、2020卒者は91.1%だった。

企業選びの際の意識

 ブラック企業の調べ方としては、2019卒者、2020卒者ともに「クチコミサイト」が他を大きく引き離して最多となっている(2019卒者:92.0%、2020卒者:89.3%)。

ブラック企業の調べ方

 そのほか、2019年卒業予定者に対して「ブラック企業を疑った企業の態度や様子」を尋ねた質問では、「社員が疲れている」(46.8%)がもっとも多く、以下「企業規模の割に大量採用」(41.2%)、「圧迫面接」(38.0%)、「ダイレクトメールが頻繁に送られてくる」(34.7%)が続く。

「ブラック企業」を疑った企業の態度や様子
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/03/27 14:43 /article/detail/1551
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0