Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

クラウド人事労務ソフトのSmartHR、必要な情報を抽出した社員名簿を簡単に作れる「カスタム社員名簿」機能を公開―SmartHR

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SmartHRは、クラウド人事労務ソフト「SmartHR」において、必要な社員情報を抽出した名簿を作成でき、公開範囲も柔軟に設定可能な「カスタム社員名簿」機能を、4月10日に公開した。

 「カスタム社員名簿」機能は、必要なときに必要な人が、必要な情報だけを閲覧できる名簿を簡単に作れる機能だ。

 「SmartHR」の管理者は、名簿作成画面にて表示したい社員情報の項目をチェックするだけで、簡単に名簿の作成が可能。「SmartHR」には入社手続きの際に必要な社員情報が収集されているので、新たな人事データベースの構築や、社員方法の入力は必要ない。

「カスタム社員名簿」機能によって作成した社員名簿のイメージ
「カスタム社員名簿」機能によって作成した社員名簿のイメージ

 名簿を閲覧できる範囲は、部署や職種単位や全社員など柔軟に設定可能で、名簿上の情報検索やソートにも対応しており、必要な情報をただちに見つけられる。また、名簿はスマートフォンでも閲覧できる。

名簿の公開範囲は柔軟に設定可能
名簿の公開範囲は柔軟に設定可能

 SmartHRは、社手続きや雇用契約、年末調整などのあらゆる労務手続きのペーパーレス化を可能にするクラウド人事労務ソフト。今後も人事データベースを有効活用した機能の開発を行っていき、2019年夏には社員や組織の統計値を可視化する「分析レポート」機能の公開を予定している。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0