Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

「jinjer HR Tech総研」を発足、HRを中心とするX Techの組み合わせで社会課題の解決を目指す―ネオキャリア

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/16 06:00

 人事業務ソフト「jinjer」を提供するネオキャリアは4月15日、同社と東京海上日動火災保険株式会社、慶應義塾大学大学院・経営管理研究科・岩本隆研究室と共同で、「jinjer HR Tech総研」を発足させたことを発表した。

 「jinjer HR Tech総研」は、①X2 Techの推進(HR Tech×●● Tech)、②社会課題の解決(生産性向上・離職率改善)、③ピープルアナリティクス(人事データの分析・活用)の3つを活動の柱とする。

 同総研では、さまざまな領域のX Techを組み合わせ(X2 Tech:クロスクロステック)、さらなるイノベーションを目指すが、まずはHR Techを核とし、FinTech(金融)やInsurTech(保険)、HealthTech(健康)などと組み合わせた時に何が実現できるかを、実証実験を重ねて追求していく(①)。また、jinjerが持つ人事データにAIを適用することにより、離職の低減といった社会課題の解決を図る(②)。さらに、これらの施策を実現するために必要なデータの収集を、Process Automation(オペレーションの効率化)→Talent Management(従業員スキルやパフォーマンスの管理)→Engagement(従業員エンゲージメントの向上)という3ステップを意識して行っていく(③)。

 具体的な取り組みの第1弾は、東京海上日動火災保険とのHR Tech×InsurTechによるサービス。jinjerが管理する人事データと連携させ、ライフイベントに合った保険サービスの提案・提供などを行っているという。

ネオキャリアと東京海上日動火災保険とのHR Tech×InsurTechによるサービス
ネオキャリアと東京海上日動火災保険とのHR Tech×InsurTechによるサービス

 岩本隆研究室は、ネオキャリアと東京海上日動火災保険との共同研究ということで、HR TechとInsur Techとの掛け合わせでどんなビジネス、産業が生まれるのかを研究していく。

左から、加藤賢氏(株式会社ネオキャリア 専務取締役)、堤伸浩氏(東京海上日動火災保険株式会社 情報産業部長)、岩本隆氏(慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 特任教授/jinjer HR Tech総研アドバイザー)
左から、加藤賢氏(株式会社ネオキャリア 専務取締役)、堤伸浩氏(東京海上日動火災保険株式会社 情報産業部長)、岩本隆氏(慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 特任教授/jinjer HR Tech総研アドバイザー)
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/04/16 06:00 /article/detail/1597
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0