Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

改善必要事項を明確化し組織のあるべき姿を提案するES調査サービス「ASQ」を開発―アスマーク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アスマークは、マネジメントベース、リビカルの2社と協力して、多面的な分析が可能なES(従業員満足度)調査サービス「ASQ(アスク)」を開発したことを、4月19日に発表した。

 「ASQ」は、満足度と離職意向に起因する要因を分析するとともに、ベンチマークによって組織のパターンを分類、さらに回答を社員タイプ別に分類することで、改善必要事項の優先順位を明確にして、あるべき姿への打ち手までを提案するES調査サービス。

「ASQ」の特長
「ASQ」の特長

 ベンチマークを元に「やる気要因」「条件要因」をスコア化し、組織を「言いなり組織」「イキイキ組織」「ドンヨリ組織」「フレンド組織」の4パターンに分類し、大枠の特徴をつかめる。

組織のパターン分類
組織のパターン分類

 価値観に関する調査項目からは、個人の「問題意識」「当事者意識」をスコア化して、社員を「模範型」「つぼみ型」「口だけ型」「受け身型」の4つのタイプに分類し、改善項目を把握する上での優先順位を明確にできる。

社員のタイプ分類
社員のタイプ分類
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0