Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

2020年卒向け採用活動の現状や感触についての調査結果を発表―ディスコ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディスコは、全国の主要企業を対象に実施した、2020年卒向け採用活動の現状や感触についての調査結果を、5月23日に発表した。

 同調査は、全国の主要企業11865社を対象に、5月8日~14日の期間に実施され、2020年度の新卒採用を予定している1097社から回答を得ている。

 おもな内容は以下の通り。

  • 2020年卒採用見込み
  • 現時点での採用活動の感触
  • 現時点での学生の反応(前年との比較)
  • 本選考の母集団形成状況(想定との比較)
  • プレ期に実施した施策/効果を感じている施策
  • ここまでの採用活動での課題
  • 選考(面接)開始時期
  • 内定出し開始時期・・・図表4
  • 採用活動への危機感
  • 2021年卒採用で注力したいこと
  • 2021年卒採用活動の時期
  • 2022年卒以降の新卒一括採用見直しの動きについて
  • 見直しが進められた場合、今後取り組みたい・強化したいもの

 2020年卒の採用見込み数を、2019年と比べて増やすかどうかを尋ねたところ、「増やす」が29.0%、「減らす」が9.8%となり、採用数の増加傾向が鮮明となっている。

2020年卒採用見込み
2020年卒採用見込み

 しかし、現時点での採用活動の感触については、「順調」の合計が25.0%に対し、「苦戦」の合計が48.0%になっている。ただ、業種別の回答におけるIT関連企業の採用活動の感触は、「順調」の合計が3割台と比較的高い。

現時点での採用活動の感触
現時点での採用活動の感触

 そのほか、ここまでの採用活動での課題や、内定出し開始時期、2022年卒以降の新卒一括採用見直しの動きについてについては、以下の結果となっている。これら以外の調査結果については、「2020年卒向け採用活動の現状や感触などについての調査結果」(PDF)を参照のこと。

ここまでの採用活動での課題
ここまでの採用活動での課題
内定出し開始時期
内定出し開始時期
2022年卒以降の新卒一括採用見直しの動きについて
2022年卒以降の新卒一括採用見直しの動きについて
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0