Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

記事種別から探す

20代が答えた「令和を代表する企業」ランキング1位はGoogle、トップ10にIT企業が多数ランクイン―ビズリーチ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビズリーチは、同社が運営する20代向け転職サイト「キャリトレ」において、同サイト会員を対象に実施した「令和を代表する企業」を尋ねたアンケート調査の結果を、5月31日に発表した。

 同調査は、「キャリトレ」会員である20代のビジネスパーソンを対象に4月22日~26日の期間に実施され、426名から有効回答を得ている。

 「令和を代表する企業」の1位はGoogleとなった。Googleを選んだ理由としては、「テクノロジーとデータの活用による事業の広がり」「AI領域の積極的な開発」「インフラとなった今でも新たな事業に挑戦を続けていること」といった意見が寄せられている。

 2位はAmazonで、その理由としては「小売りの概念を変え、Amazonを使うことが当たり前の社会になっている」「インフラ構築が進み、これから多種多様なサービス展開が可能」などが挙げられた。

 なお、1位、2位ともに2019年の世界時価総額ランキングでいずれも5位以内(Googleは親会社のアルファベットとしてランクイン)であり、時価総額9000億ドル前後に達している。

 そのほか、トップ10には楽天、ソフトバンク、メルカリ、LINE、マイクロソフト、Appleと、数多くのIT関連企業がランクインした。

20代が答えた「令和を代表する企業」トップ10
20代が答えた「令和を代表する企業」トップ10
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0