Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

「LAPRAS」に企業からの採用興味をエンジニア候補者へ伝える新機能を追加―LAPRAS

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/06/18 12:20

 LAPRASは、スキル情報を可視化する同社のプラットフォーム「LAPRAS」に、 エンジニア候補者へ企業からの採用興味を伝える「興味通知機能」を追加したことを6月18日に発表した。

 LAPRASは、SNSやGitHubなどのオープンデータを収集し、機械学習を活用して紐づけ、107万件以上の個人のポートフォリオを自動生成している。また、同社のダイレクトリクルーティングサービス「LAPRAS SCOUT」では、IT企業を中心に100社以上がLAPRAS上の情報をもとに採用スカウトを行っているという。

 今回追加された「興味通知機能」は、LAPRAS SCOUT上で企業が候補者をタレントプールに追加すると、その候補者のLAPRASページ上でそのことが通知される。以前にLAPRASで自分の情報を確認したことのある候補者には、メールでも通知される。

興味通知機能による候補者への通知
興味通知機能による候補者への通知

 また、候補者が企業からの興味通知に対してリアクションを起こすと、そのことが企業に伝わる仕組み。それを受けて企業はスカウトメールなどを送るなどできる。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0