Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

クラウド人材マネジメントシステム「カオナビ」がSlackと連携、通知が可能に―カオナビ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カオナビは、同社が提供するクラウド人材マネジメントシステム「カオナビ」が、ビジネス向けチャット「Slack」との連携を開始したことを、6月18日に発表した。

 今回の連携によって、カオナビのアンケート機能である「VOICE NOTE」を利用すると、これまでのメール通知に加えて、従業員が日常のコミュニケーションに利用しているSlackにも通知される。アンケートの主催者は回答入力の催促にかかる工数を削減でき、業務負担の軽減や効率化を図れる。

 また、アンケート回答者もSlackから回答画面への遷移が可能になり、時間や場所を問わずアンケートに答えられるようになる。

 他にも、カオナビの評価ワークフロー機能「SMART REVIEW」の入力ステータスに応じて、作業のリマインドや入力内容の差し戻し通知をSlack上で送信可能にした。人事担当者、評価者、被評価者間のコミュニケーションの効率化を実現する。

「カオナビ」と「Slack」の連携イメージ

「カオナビ」と「Slack」の連携イメージ

 今後は、実装予定のパルスサーベイ(コンディション調査)などの回答をSlackから直接入力できるようにして、従業員エンゲージメントを全般的に高めていくという。また、Slackのスラッシュコマンドを活用した従業員データの参照や、内線番号、座席表検索への対応も予定している。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/06/19 12:43 /article/detail/1715
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0