Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

Ruby on Rails 5.0に対応したエントリーレベルの技術者向け資格「Rails5ベーシック試験」を開始―Rails技術者認定試験運営委員会

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/06/25 16:27

 一般社団法人BOSS-CON JAPAN内のRails技術者認定試験運営委員会は、Ruby on Rails 5.0に対応したエントリーレベルの技術者向け資格「Rails5ベーシック試験」を6月25日より開始した。

Rails5ベーシック試験ロゴ

 「Rails5ベーシック試験」は、Ruby on Railsの基本知識を問う試験で、「認定者の雇用機会」や「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ることを目的に実施される。テクニカルアドバイザーであるlogic-sense代表 友村亮大氏に試験問題の作成に協力している。

 同試験では、gem install rails –version='~>5.0'でインストールされる範囲が問われる。プラグイン、rubygemsは出題範囲に含まれない。参考教材として『Railsチュートリアル(第四版)』が示されている。

 試験問題数は40問で、試験時間は1時間。7割正解すると合格となる。試験方式はCBT(単一・複数の選択式)。全国のオデッセイ コミュニケーションズ認定試験会場で受験できる。受験料金は1万円(税抜)。学割・教員向けの割り引き価格5000円(税抜)もある。

出題範囲
項目 出題割合
1. Ruby on Rails概要 10%
2. ActiveRecordとActiveModel 35%
3. ActionPack 20%
4. ActionView 15%
5. ActionMailer 5%
6. ActionCableとActiveJob 5%
7. テスト(Minitest) 10%

 

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/06/25 16:27 /article/detail/1726
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0