Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

第二新卒で本当に転職してくる人、入社後に活躍してくれる人を見極めよう

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/07/18 06:00

 筆者は第二新卒採用に関わって久しい。第二新卒の中でも優秀層に関わってきているが、転職支援の実績を上げることの難しさを感じる。今回は第二新卒層の転職について、特に転職引き留めの部分についてお話ししていきたい。なお、想定される読者は、「第二新卒層を採用しているが、トヨタやマッキンゼーのようにネームバリューがトップクラスというわけではない企業」の採用担当としている。

著者のKei氏が運営するサイト「転職の神」もあわせてご覧ください

採用に苦労する第二新卒

 第二新卒の採用に関わっている方は、第二新卒特有の課題を感じているのではないだろうか。新卒よりも優秀層にタッチできると感じているが、内定を出しても入社してもらえないケースがあるなど苦労も多い。また、第二新卒はポテンシャル採用であることが多く、職歴によるスキルを見て採用するパターンはほとんどないように思う。

 では、なぜ優秀なクラスに分類されている第二新卒は、内定を出しても入社してくれないのか。その原因について考えていきたい。

第二新卒の転職パターン

 第二新卒の転職パターンには大きく2つある。「リベンジ転職」か「現職を辞めたい」かのどちらかだ。それぞれ見ていこう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Kei(ケイ)

    若手採用支援を中心に行う転職エージェント。学生時代より人材会社2社でインターン。中途で人材会社に入社し、若手向け求人サイトを立ち上げる。人材紹介会社を設立し独立。転職が盛んにおこなわれる時代だからこそ、慎重な転職アドバイスを実践中。

バックナンバー

連載:「転職の神」エキストラ
IT人材ラボ
2019/07/18 06:00 /article/detail/1737
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0