Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

2019年6月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、人気企業の募集開始で転職活動を開始する人が増加―パーソルキャリア

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/07/22 11:56

 パーソルキャリアは、同社が運営する転職サービス「doda(デューダ)」において、2019年6月の転職求人倍率をまとめた「doda 転職求人倍率レポート」を、7月19日に発表した。

 2019年6月の転職求人倍率は、前月比0.18ポイント減の2.35倍で、求人数は前月比99.9%、前年同月比112.90%、転職希望者数は前月比107.5%、前年同月比127.9%となっている。

 業種別での「IT・通信」の求人数は前月比99.2%と微減、職種別でも「技術系(IT・通信)」の求人数は前月比99.6%とやや減少した。ただし、業種別「IT・通信」の転職求人倍率は6.71倍、職種別「技術系(IT・通信)」の転職求人倍率は8.65倍と高い。

 パーソルキャリアは今回の結果について、「6月の求人数は微減だった一方、転職希望者数は、複数の人気企業が募集を始めたことをきっかけに、転職活動を開始する人も多く増加した。求人倍率は、転職希望者数が求人数の増加幅を上回ったため下降したが、求人数は前年同月比で1割以上増加し、転職希望者が数多くの求人から転職先を選べる状況は続いている。7月以降の転職市場は、6月に新卒採用は落ち着き、7~9月にかけて中途採用が活発化するため、求人数は緩やかに増加する見込み」と述べている。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/07/22 11:56 /article/detail/1780
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0