Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

Javaエンジニアに特化した転職サービス「Javaキャリ」をリリース―ボンズテック

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/08 11:39

 ボンズテックは、Javaエンジニアに特化した転職サービス「Javaキャリ」を正式リリースした。それを記念して、無料掲載キャンペーンを実施している。

 近年、IT利活用の領域が社会的に拡大していることから、IT人材に求められるスキルが広がり、スキルと人材とのマッチングも困難になってきている。Java開発に強みを持つボンズテックには、Javaエンジニアの採用について多くの問い合わせが寄せられてきたという。同社はそれを受けて「Javaキャリ」をリリースした。

 同サービスはJavaに特化したサービスであるため、幅広いスキル(レベル、ドメイン)のJavaエンジニアが集まっているという。採用企業は、求職者のスキル・経歴をもとに要件に合致する求職者を探し、スカウトメールを送ることができる。求人掲載期間中のメール送信数制限はない。スカウトで採用した人材に対し、紹介料は発生しない。

 また、紹介(エージェント)サービスも提供する。IT分野に特化したコンサルタントが、多くの求職者のなかから採用企業の要望に合う最適な人材を見つけて紹介。非公開の求人も、企業とエンジニア双方の匿名性を保ちながらマッチングを受けられる。求職者には、無料のキャリアコンサルティングも行う。紹介料は採用するエンジニアのスキルランクによるテーブル制という。人材を採用するまで費用はかからない。

 スカウトサービスと紹介サービスの料金プランは次表のとおり。

料金プラン
料金プラン

 なお、正式サービスオープン記念として100社に、Javaキャリのスカウトサービス(掲載料プラン)を3か月試せる無料掲載キャンペーンを実施している。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/08/08 23:05 /article/detail/1817
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0