Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

2019年上半期における転職成功者の年齢を調査、技術系(IT・通信)でも20代が約半数に―パーソルキャリア

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/20 06:00

 パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」は、2019年上半期(2019年1月~6月)にdodaエージェントサービスを利用して転職した人の年齢に関する調査結果を公開した。

 2019年上半期に転職した人の平均年齢は31.7歳で、前回調査(2018年下半期)と同様の結果に。男女別では、男性の平均年齢は32.6歳と前回から0.2歳アップした一方、女性は前回調査と同じく29.8歳だった。女性の転職年齢は、2007年の27.6歳から徐々に上がり続け、ここ3年ほど高止まりの傾向にあるという。

 年齢の内訳を見ると、最も割合が高いのは「25〜29歳」の39.6%で、次いで「30〜34歳」の23.1%、「40歳以上」の14.4%が続く。前回調査と比較すると、「30〜34歳」「35〜39歳」の割合が下がった一方で、「24歳以下」「25〜29歳」「40歳以上」の割合が上がっており、転職者の数で比較しても増加している。

 職種ごとの転職成功者の年齢割合については、「営業系」「販売/サービス系」の2職種で20代以下の割合が半数を突破した。また、「技術系(IT・通信)」においても20代以下の割合が増加。前回調査では43%(24歳以下:8.0%、25~29歳:35.0%)だったが、今回調査では24歳以下が13.0%と大きく伸ばすなどで49.6%となった。それ以外の年代ではすべて割合を下げている。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/08/20 06:00 /article/detail/1823
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0