Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

若手エンジニアへのアンケート、会社の飲み会や勉強会などには出席しない傾向―インターノウス

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/05 12:51

 インターノウスは、35歳以下のエンジニアを対象に、若手エンジニアのライフスタイルに関する調査を行い、その結果を発表した。

 同調査は、17歳~35歳のエンジニアとして就業している男女に対し、2019年8月20日〜8月28日に実施。101名から回答を得ている。

 調査の結果、若手エンジニアの平均睡眠時間は7時間と平均的で、会社の飲み会や勉強会にはあまり参加せず、休日はインドア派と、1人時間を大切にする傾向が高いことが分かったと同社では述べている。具体的には以下のとおり。

出勤日の平均睡眠時間は7時間。6~7時起床、24~25時就寝が最も多い

 出勤日の平均睡眠時間について質問したところ、37%の人が7時間と回答。次いで、6時間が24%、8時間が22%と回答した。この結果から、出勤日は平均6〜8時間の睡眠をとる傾向があることが分かった。

[画像クリックで拡大表示]

会社の飲み会は、ほとんど行かない、もしくは月1~2回が95%

 会社の飲み会の頻度について質問したところ、45%が飲みに行かない(またはあまり行かない)と回答。飲み会へ参加する人も50%が月に1〜2回程度と低い傾向。この結果から、若手エンジニアは、会社の飲み会へあまり参加しないことが明らかになった。

[画像クリックで拡大表示]

勉強会に行かない、もしくはあまり行かないが66%と最も多く、参加には消極的な傾向

 勉強会への参加頻度について質問したところ、行かない(またはあまり行かない)と回答した人が66%、次いで2か月に1回程度行くという人が14%だった。80%の人が勉強会への参加頻度が2か月に1回以下という結果から、若手エンジニアは、勉強会参加には消極的な姿勢であることが分かった。

[画像クリックで拡大表示]

若手エンジニアの70%がインドア派

 休日の過ごし方は、インドア派と回答した人が69%、アウトドア派と回答した人が31%と、インドア派がアウトドア派より2倍以上多い。若手エンジニアの休日の過ごし方について多かった回答を順に挙げると、1位 買い物(56%)、2位 YouTube鑑賞(50%)、3位 資格の勉強(46%)という結果になった。1位の買い物は、実店舗での買い物と、オンラインショッピングのどちらも含まれるため最も多い回答になったが、インドア派のみに限定すると、YouTube鑑賞、資格の勉強など1人で過ごす傾向が高いことが分かった。

[画像クリックで拡大表示]

SNS利用者の70%がTwitterを利用。Qiitaも約5人に2人が利用

 SNS利用状況について質問すると、84%が利用していると回答。また、SNS利用者のうち67%がTwitterを利用していることが分かった。次いでInstagram 40%、Qiita 35%という結果になった。なお、SNSの利用目的は、趣味の情報収集やエンジニア関連の情報収集、友人との交流に使用しており、自身の発信を目的にしている人は、20%にとどまった。

[画像クリックで拡大表示]
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/09/05 12:51 /article/detail/1851
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0