Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

「採用に必要なエンジニアリング知識」を教える人事向け講座をプログラミングスクール7社と開講―LAPRAS

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/19 11:40

 LAPRASはプログラミングスクール7社と共同で、人事担当者向けに「採用に必要なエンジニアリング知識」を教えるエンジニアリング学習講座を開講したことを9月19日に発表した。10月9日に実施する第1回の講座を皮切りに、2019年中に全7回の無料講座をLAPRASとプログラミングスクールが共同で開催する予定という。

 エンジニア採用が非常に難しくなっている中、大きな課題として挙げられるのが、人事担当者のエンジニアリング知識の欠如。エンジニアの業務内容や能力についての理解が足りないことで、候補者とコミュニケーションが円滑に取れなかったり、自社にマッチする候補者を見極めることができかったりするという弊害が起きている。企業の人事担当者を対象にヘッドハンティングサービスを提供するLAPRASは、この課題を解決するため、同様の課題を感じているプログラミングスクール7社とともに人事向けエンジニアリング学習講座を開講するに至ったという。

 従来のプログラミングスクールのカリキュラムは、開発者向けの内容が多く、開発環境の設定をはじめとしたエンジニア採用を担当する人事担当者には必要とされないコンテンツが含まれていたというが、この学習講座では、エンジニア採用に必要な知識にフォーカス。ゴールを「エンジニアの候補者と円滑にコミュニケーションがとれるようになること」「自社に必要なエンジニアを定義すること」「数多くの候補者の中から自社にマッチしたエンジニアを見極められること」ができる人事担当者の育成に定め、必要な知識を効率的かつ短時間で身につけられるように、各プログラミングスクールと協力して専用の講座を作成する。講座を受けた人事担当者には、自社にマッチしたエンジニアを見極め、エンジニア採用に能動的に取り組めるようになってもらう。

 開講日程とプログラミングスクールは下記のとおり。第1回講座のみ受講申し込みの受付を開始している。講座ではエンジニアの業務の全体像や開発フローといったエンジニアとコミュニケーションをとるために必要な知識から、フロントエンド、バックエンド、機械学習など個別領域の採用に必要な知識についても学んでいく。

  • 10月9日(水) 第1回 コードキャンプ株式会社 / CodeCamp
    「業界やサービスから技術的な特徴を理解し、採用したいエンジニアの“解像度”を高めよう」《申し込み
  • 10月16日(水) 第2回 株式会社データミックス / DATAMIX
  • 10月23日(水) 第3回 株式会社 凛 / GeekGirlLabo
  • 10月30日(水) 第4回 株式会社DIVE INTO CODE / DIVE INTO CODE
  • 11月 6日(水) 第5回 キラメックス株式会社 / TechAcademy
  • 11月13日(水) 第6回 株式会社div / TECH::CAMP
  • 11月20日(水) 第7回 株式会社侍 / 侍エンジニア塾
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/09/19 11:44 /article/detail/1868
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0