Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

「SoC検定試験 for Arduino」のベータ試験を11月10日に実施―日本SoC技術者育成協会

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/04 16:00

 一般社団法人BOSS-CON JAPAN内の日本SoC技術者育成協会は、「SoC検定試験 for Arduino」のベータ試験を11月10日に実施することを発表した。

 「SoC検定試験 for Arduino」では、マイコンボードの使用を通して、ソフトウェアだけでなくハードウェアも含めた広い意味でのコンピュータサイエンスの基礎を学んでもらうべく、「Arduino(アルデュイーノ)」を主教材とし、その学習の理解度を測る。

 本試験は2020年1月の開始を予定しているが、今回、それに先だって11月10日にベータ試験を実施する。出題形式は選択問題で、出題数は40問。合格ラインは7割の正解。受験料は5000円で、コワーキングスペース茅場町 Co-Edo(東京・中央区)で行われる。試験の参考書籍は『これ1冊でできる! Arduinoではじめる電子工作 超入門 改訂第3版linco』。出題範囲は次表のとおり。

出題範囲
項目 出題問題数
Part1.Arduinoとは 8
Part2.Arduinoの準備 6
Part3.プログラムを作ってみよう 16
Part4.電子回路をArduinoで制御する 27
Part5.I2Cデバイスを動作させる 9
Part6.シールドを利用する 12
その他 2
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/10/04 16:00 /article/detail/1881
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0