Shoeisha Technology Media

IT人材ラボ

注目の特集・連載

採用調査会社 米HireRightがJ-Screenと豪PeopleCheckを買収し、アジア太平洋地域に進出

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/08 18:03

 雇用時のバックグラウンドチェック、薬物検査、学歴検証、電子フォームI-9およびE-Verifyソリューションを展開する米HireRightは、日本の採用調査会社J-Screenと、オーストラリアの採用調査会社PeopleCheckを買収し、アジア太平洋地域に進出することを10月8日に発表した。

 J-Screenは日本と韓国において採用調査とデューディリジェンスサービスを提供している企業で、公共機関や民間企業とのネットワークと独自の情報源を持つ。顧客には金融機関、多国籍企業、プロフェッショナルサービス企業、政府機関などがあるという。PeopleCheckもテクノロジー、建設、金融、通信、リクルート、プロフェッショナルサービス、鉱業、医療などの業界に人材採用調査のサービスを展開してきた。

 米HireRightは、両社を買収することで、同社のグローバルサービスを強化し、アジア太平洋地域でのプレゼンスを高める。

 米HireRight CEOのGuy Abramo氏は、今回の買収と進出について「企業と人材のボーダーレス化が進む中で、企業の採用は現地・グローバルにかかわらず、世界規模で候補者を選別する必要がある。特に規制や文化的な問題を取り扱う際、国内やその地域特有の専門知識と能力を持つ人材が不可欠だ。地域での取り組みの規模と範囲を拡大することにより、顧客が求めているスピード、可視性、正確性をさらに向上させ、グローバルでの人材確保をサポートする」と述べている。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IT人材ラボ
2019/10/08 18:03 /article/detail/1886
All contents copyright © 2017-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0